Side-job

メダカを販売するよりもタマミジンコのほうが儲かる話

・めだかの販売よりもタマミジンコの販売のほうが儲かると聞いた・・・
・タマミジンコの繁殖は難しいと聞くけどどうなんだろう・・・
・初心者でもタマミジンコ販売ってできるのかな・・・?

 

こういった疑問に答えます。

 

 本記事の内容

  • タマミジンコ繁殖販売、2ヶ月で150万超え!?
  • タマミジンコの繁殖は難しい?
  • 初心者でもマニュアル通り販売すると30万は稼げる

 

こんにちはスズトシです。
3か月ほど、こちらのブログを放置してましたが久々に更新します。

 

放置してた理由は、昨年同様に2か月ほどタマミジンコのテスト販売をしてました。

 

昨年は4か月ほど、のんびりと販売して100万ほど稼ぎましたが、今年は少し気合を入れて販売した結果2ヶ月かからないで150万ほど稼げました。

 

本記事ではこの辺りのお話を少し掘り下げて紹介したいと思います。

 

ちなみに、タマミジンコは9月以降も販売実績が過去にあるので、メダカ系の副業の稼ぎたいと思うのであれば、最後まで見ることで週末だけの副業でも月30万ほど稼げると思います。

 

タマミジンコ繁殖販売、2ヶ月で150万超え!?

タマミジンコを繁殖させて販売した結果

今年もタマミジンコ販売を、6月2日から7月28日までの2ヶ月ほどヤフオクで販売しましたが150万超えの売上を上げることができました。

 

上記の画像は直近3か月の売り上げデータとなりますが、8月の売上は7月28日までに販売したものなのになります(落札者の受け取り連絡が遅れただけです)

 

ちなみに、142万と売り上げ表示になってますが、この金額表示はヤフオクの落札手数料を引かれた後の売上となるので実際は155万ほど売り上げてます。

 

タマミジンコの販売ってそんなに売り上げが可能なの?

結論は「可能」です。
まず、論より証拠の売上画像を提示してますよね。
なのでタマミジンコだけで十分稼ぐことはできます。

 

なぜ、タマミジンコの販売を辞めたのか

ぶっちゃけ「疲れた」からです。
僕は元々、アフィリエイターなので転売ヤーではないのですね。

 

ただ、昨年もテストマーケティングしてて「タマミジンコって意外と副業でありだな」ってことがわかったので、これからタマミジンコを繁殖させて販売したい方のために、今年もデータ取りしてました。

 

結果、初月も(6月)77万ほど売り上げたので、7月も継続したら同じくらいの数字になるかな?っと思い続けたところ、ほぼ同じ結果でした。

 

本当は7月の月末までフルに販売しようと思いましたが、疲れたので辞めた次第です、笑

 

タマミジンコの繁殖は難しい?

タマミジンコの繁殖が難しいという人が良くいますが、僕から言えば「繁殖はある一定のルールを守れば簡単」ってことです。

 

ネット上で良く書かれてることを鵜呑みにすると繁殖は失敗するケースが多いです。

 

少し事例を上げると次のとおり

  • 水量20Lに対してドライイースト1gで固定
  • 餌はムックリワークだけで十分
  • グリーンウォーターがあれば十分
  • エビオス錠だけで繁殖する
  • 乾燥鶏糞を使うと良い

などと言った情報を鵜呑みにすると、タマミジンコの繁殖に失敗する人が多いのではないでしょうか。

 

ぶっちゃけると「すべてが間違いではない」けど「それでは爆繁殖することはない」が僕が今まで繁殖させてきた結論になります。

タマミジンコの繁殖に必要なこと

お手軽に、タマミジンコを増やしたいのであれば2つの条件あればまずはOKです。

  1. あまり濃すぎないグリーンウォーター
  2. 鶏糞水
え?これだけ?

 

と思うかもしれませんが、初心者であり自分の飼育範囲ないでタマミジンコを餌をしてあげるなら、これだけで十分です。

 

ただし、爆繁殖をさせてタマミジンコで収益を上げたいなら話は別ものになります。

 

タマミジンコの爆繁殖には生クロレラが必須

実際、生クロレラを使うことで繁殖が容易になります。

 

ですが、生クロレラも使い方を間違えるとタマミジンコは翌日、もしくは翌々日には全滅するケースもあります。

 

全滅するケースは次のとおり

  1. 1000倍の希釈を守らない
  2. 賞味期限が切れた生クロレラを使う
  3. 腐った生クロレラを使う

ケース①:1000倍の希釈を守らない

濃縮生クロレラ(生クロレラV-12)などを使う場合は飼育水量に対して1000倍に希釈して使う必要があります。

 

この辺りは、生クロレラ工業や、問屋の太平洋貿易などのサイトを見れば確認できるはずです。クロレラを始めて使う方などによくある間違いが「濃ければ濃いほどいいんでしょ?」って間違いです。

 

僕は、タマミジンコを購入してくれた方には、この希釈率のことを再三お伝えしましたが、全滅させる人に限って希釈率を守ってないってことです。

 

  • 目分量でやりました
  • だいたいでいいでしょ?

って感じで、全滅させる人ほどルールを守らない人たちが多かったのが印象です。

 

なので、生クロレラを使うなら1000倍希釈は必ず守ること。
また、ヤフオクなどを見ると『生クロレラ水』などと謳って、生クロレラを薄めたものや、ホウレンソウパウダーを溶かしたものを販売してる人も多くいるので注意が必要です。

 

後は、生クロレラV-12よりもグレードが高い、スーパー生クロレラなどを販売してる人もいますが、生クロレラV-12があればタマミジンコは爆繁殖します。

 

過去にスーパー生クロレラ使ったこともありますが、普通の生クロレラV-12のほうがタマミジンコの湧きかたが良かったです。

 

ケース②:賞味期限が切れた生クロレラを使う

生クロレラの賞味期限は1ヶ月です。
過去に45日ほど使ったこともありますが、やはり鮮度がなくなるとミジンコの湧きかたが良くなかったので、あまりお勧めできません。

 

賞味期限は守りましょう。

 

ケース③:腐った生クロレラを使う

腐った生クロレラって何?って聞かれそうですが、腐った生クロレラとはクール便で到着しない生クロレラのことです。

 

ヤフオクなどで「クリックポスト」などで発送する販売者いますが、生クロレラは5℃以下で常時管理しなければパフォーマンスを得ることができません。

 

アマゾンなどで販売してる人もたまにいますが、保存方法は10℃以下とか謳ってる販売者いますが、生クロレラ工業が5℃以下で管理してくれと謳ってるのにそれ以上の温度で管理するのは絶対に辞めましょう。

 

生クロレラは絶対にクール便で送ってくれる販売者から購入すること。

 

ネコポスやクリックポストなどと言ったもので送ってくる販売者からは絶対に買わないようにしましょう。

 

2カ月間でタマミジンコだけを150万売った飼育方法

実際には、2ヶ月もかからず49日間だけで150万以上売り上げました。

 

基本、日曜日は休みたかったので日曜日は全休した感じです。

 

その飼育方法は3つ。

  1. 水質管理
  2. 適度な餌やり
  3. 水替えのサイクル

水質管理

水質管理と書きましたが、僕はメダカや金魚の飼育水(グリーンウォーター)はあまり使いませんでした。

 

理由は、グリーンウォーターも濃すぎると死滅の恐れがあるからです。また、鶏糞は乾燥鶏糞よりもペレットタイプを良く使いました。

 

適度な餌やり

適度な餌やりとは、生クロレラとドライイーストです。
朝晩と与えますが、自分なりのルールを作って餌の上げ方も工夫しました。

 

ちなみに工夫すると言ってもルールを決めただけなので、誰にでも再現できる方法です。僕が留守する時は、母親に管理を任せてたので誰にでもできることでしょう。

 

水替えのサイクル

タマミジンコを繁殖させるだけと、タマミジンコで転売ビジスネをやるのであれば水替えのサイクルはかなり変わります。

 

ちなみに、このあたりのことはアメブロで書いたり、誰にも口外しませんでした。なぜなら、ここがミジンコ販売の肝となるからです。

 

初心者でもマニュアル通り販売すると30万は稼げる

ぶっちゃけると、僕は月曜日から土曜日の2か月間を毎日発送してましたが、サラリーマンなどでも土曜日と日曜日だけでもタマミジンコ販売で月30万稼げると思います。

 

実際、毎日の平均売上は3万チョイありましたので、数字的に可能です。

 

また、僕は発送業務をなるべく負荷かけたくなかったので、なるべく毎日の発送数が同じにくらいになるように調整してた次第です。

 

土日だけで副業でミジンコビジネスをやりたいのであれば、月曜日から木曜日までに受注して土日発送するなら月40万以上稼ぐことも可能だと思います。

 

ちなみに、上記の写真分を発送すると5万ほどの売上がある感じです。

 

この辺りのマニュアルはnoteにて詳細を書いてますので、タマミジンコで小遣い稼ぎした人はどうぞ。

 

2カ月間で155万売り上げたタマミジンコ販売マニュアルはこちらから

 

ちなみに5名購入後、このページは削除します。

 

まとめ:メダカを販売するよりもタマミジンコのほうが儲かる話

メダカを販売するよりもタマミジンコのほうが儲かる話を今回は記事にしてみました。

 

昨年もタマミジンコ販売しましたが、今年もテストした結果、稼げましたので気になる方は販売にも挑戦してみてください。

 

また、このマニュアルを販売する以上、僕はタマミジンコの販売はやらないです。

 

昨年は9月まで販売しましたが、10月以降もタマミジンコは売れると思います。

 

なぜなら、タマミジンコを餌として活用したいのは、メダカを飼育してる人ばかりではなく、違う水生生物の餌として与えてる購入者の方が意外と多かったからです。

 

それでは!

 

-Side-job

© 2020 Toshiblog Powered by AFFINGER5