Blog

ブログは有料画像を使い差別化しよう!【オススメする理由も語る】

ブログで画像やアイキャッチ画像が綺麗なサイトがあるけど、どこの写真画像などを使っているのだろうか?有料画像は差別化できるって聞くけど理由を教えて欲しい。
こういった疑問の答えます。

 

 本記事の内容

  • ブログは有料画像を使おう!【理由は差別化できる】
  • ブログに有料画像を使うメリットとデメリット【おすすめは2サイト】

まず始めに結論から:ブログサイトで差別化を図るなら100%、有料画像を使うべきってこと。なぜなら、画像は視覚としてインパクトを与えることができるからです。

 

よく、画像はSEO対策には関係ないと言います。

 

確かにSEO的には関係はないけど、ブログの画像って箸休めみたいな役割もあるので、せっかく画像を挿すなら、無料で使えるフリー画像は辞めるべきです。

 

本記事では、ブログで有料画像を使うメリットやデメリットと、おすすめできる有料画像サイトを紹介します。ちなみに、当サイト(トシブログ)は、『Shutterstock|シャッターストック』しか使ってません。

 

ブログは有料画像を使おう!【理由は差別化できる】

すでに結論は述べてますが、画像は差別化できるってことです。

 

正直、ブログで収益を上げてる人は画像にこだわりを持っています。なぜならブログ記事以外でも差別化をしたいからですね。

 

 ブログでできる差別化は3つ

  • 文章のクオリティ
  • ブログ記事内の画像
  • サイトデザイン

ちなみに、サイトデザインは除外して説明すると、ブログ記事を読ませるうえで必要なのは視覚情報になります。

 

その時に、フリー画像よりも有料画像のほうが、ほかのサイトと差別化できるので、グッと読まれるブログになるってことです。

 

僕は記事を書くときに、ほかのサイトリサーチもしますが、上位サイトに表示されてるブログを見ると「かなりの確率で有料画像」が多いなって気づきます。

 

稀に、フリー画像を使っていても上位に表示されてるブログもありますが、読むとなんか『見ごたえがない』って感じで、途中で読むことを辞めるって感じです。なので、ブログで差別化を図るなら、有料画像がおすすめです。

 

有料画像サイトの金額などは後述しますが、少しだけお金をかけてあげるとサイトの見栄えもかなり変わるので、1度は有料画像つかってみましょう。

 

ブログに有料画像を使うメリットとデメリット【おすすめは2サイト】

おすすめする有料画像サイトの料金も比較して解説します。

 

ブログに有料画像を使うデメリットは1つ

デメリットは『有料』ってことです。

僕が利用する、Shutterstockは月額と年間契約で金額は変わります。

 

 Shutterstock料金表

  • 画像10点:月額(定額プラン)|6,000円
  • 画像10点:年間(継続契約)|3,500円
  • 画像50点:月額(定額プラン)|15,000円
  • 画像50点:年間(継続契約)|12,000円
  • 画像350点:月額(定額プラン)|25,000円
  • 画像350点:年間(継続契約)|22,000円
  • 画像750点:月額(定額プラン)|30,000円
  • 画像750点:年間(継続契約)|25,000円

って感じで、決して安くはないですよね。でも、有料画像サイトの中では比較的安いのがShutterstockです。ちなみに、僕は『350点:月額プラン:25,000円』を利用しています。

 

実際には、月に150点~200点までしか使わないので、残りの枚数が損してる感じですが、ちょいっとした裏ワザがあります。

 

 裏ワザ:月末に残りの画像をダウンロードする
正直、裏ワザでもないんですが画像を残すとも勿体ないので『これから使うだろう』と思う画像を一気にダウンロードしてます

 

そうすることで、毎月定額購入する必要もないので、実質は3か月で2回(700枚)をダウンロードする感じです。

 

 Shutterstock月額購入時の注意点
初期のころに失敗したお話。

 

Shutterstockは一度月額プランを購入すると継続課金されるので1か月過ぎる前に1度契約解除すること。※年間契約と途中で解約すると解約金取られるので注意しましょう。

 

ブログに有料画像を使うメリット3つ

  1. 画像が有料なので被りにくい
  2. アイキャッチ画像も作れる
  3. とにかく画像のクオリティが高い

有料画像は高額というデメリットもありますが、それ以上にメリットが多いです。

 

メリットの1つ、ほかのサイトと画像が被りにくいので差別化できるってことは大きなポイントです。

 

正直、有料画像は安くはないので、駆け出しのブログアフィリエイターなどは躊躇するとこでですよね。なので少し背伸びして差別化するならマストアイテムってこと。

差別化=収益格差に繋がる

って感じです。

 

また、アイキャッチなども画像もその場で作成できるので、ダウンロードしてからアイキャッチ画像を作るなどの手間も省けるので時短になります。

 

僕は、毎日ブログを更新しているので画像の加工などに時間をかけたくないので、Shutterstockにはマジで助けられてるって感じです。

 

 画像&画質は有料に軍配

フリー画像に比べ、画像のクオリティも有料画像に軍配が上がります。

 

 ShutterstockとPIXTAの違いって何ですか?
双方は金額も違いますが、写真画像の使い道が変わります。

Shutterstock:外国人系の画像が多い

PIXTA:日本人向けの画像が多い

自分のブログスタイルによって、どちらかを選んでみましょう。
ベクター画像が使えたり、ブログ用に横長画像を選べたりするのでShutterstock派ですが、金額も少し安いのでおすすめかなって感じ。

 

この辺りは、両サイトを見てから決めればオッケイだと思いますよ。なぜなら人によって賛否はあるからですね。

 

 PIXTA料金表

  • 画像10点:月額(定額プラン)|9,900円
  • 画像10点:年間(継続契約)|6,380円
  • 画像100点:月額(定額プラン)|24,970円
  • 画像100点:年間(継続契約)|16,500円
  • 画像350点:月額(定額プラン)|59,400円
  • 画像350点:年間(継続契約)|24,970円
  • 画像750点:月額(定額プラン)|69,300円
  • 画像750点:年間(継続契約)|29,480円

どちらも、決して安くはないけどブログで差別化するなら、どちらかで試してみましょう。

 

まとめ:ブログには有料画像を使うべし

なぜなら、差別化できるから。
差別化と一括りにすると、フリー画像を使っている人には申し訳ないですが、所詮『無料は無料』ってことです。

 

小さな、気配りが、後々大きな差となって返ってきますので投資だと思って積極的に有料画像を使いましょう。

 

ちなみに、有料画像を試したいなら、自己アフィリとかやって資金を作るのも1つの手ですね。【初心者におすすめ】稼げる自己アフィリエイトのやり方【実例付き】←30分で26,600円稼げたのでおすすめです!350点の有料画像買えちゃいますよ('◇')ゞ

 

今回は以上となります<(_ _)>

 

-Blog

© 2020 Toshiblog Powered by AFFINGER5