Blog

【ブログに書くことがない…】書けない時の対処法は3つ【速攻性あり】

ブログに書くことがなくて、パソコンに向かうと手が止まる・・・うまくブログを書くことなどがあれば教えて欲しい。
こんな悩みを解消します。

 

本記事の内容

  • 【ブログに書くことがない】うまく書けない時の対処法は3つ
  • 【重要】ブログを毎日書くことで掴んだ【次の記事を書くコツ】

ブログ初心者のころにある悩みで、もっとも多いのが「ブログに書くことがない」ってことですよね。

 

僕も、意気込んでブログを書いていた時に、ぶち当たった壁でもありましたが3つの行動を取ることで全て解決できました。

 

それは、

  • 自分の強み(ウリ)を活かす
  • ブログ書けなくなったらとりあえず休む
  • 記事の続編だけに意識を向ける

 

たったこれだけですが、これを意識するだけで、頭がかなりクリアになりました。実際、このブログは今日で17日連続更新中です。 ←これが自分の強みになりますね。

 

他にも、サイト運営をしてますが、今まで書いてきた総記事数は500記事以上、メルマガの配信は400日連続更新した経験もあります。 ←これが自分の経験談にもなります。

 

この記事では「ブログに書くことがない」と思った時の対処法3つ&次の記事がスラスラ書けるようになるコツをお伝えします。本記事を読みえることには、今まで書いたブログを見直すことで、明日から毎日更新できるようになりますよ。

 

【ブログに書くことがない】うまく書けない時の対処法3つ

ブログに書くことがない時の対処法は次のとおり。

  • 自分の強み(ウリ)を確認する
  • 無理に書かない
  • ブログジャンルを見直す

僕の経験談もふまえ解説します。

対処法1:ブログに書くことはないは嘘!自分の強みを活かしてないだけ

結論から言うと「自分の強み」を活かせてないだけ。

 

なぜなら、ブログ書けない人によくある原因が「キーワードに沿って完璧に書きあげる」ことに意識をするからです。

 

確かに、ほかのサイトが完璧すぎるくらいの記事クオリティーだと、正直「あ、書くことがない」っと思ってしまうこともあります。

 

しかしここで疑問が1点、、、それは、完璧な記事って何ですか?が僕の答えで完璧すぎる記事は「つまらない記事が多い」です。

 

それよりも、自分の体験や経験談などが記事に書いてあると「人間味」があり、読みやすくもなるので、まずは自分の強みを探してみることです。要するに「オリジナリティー」を記事に出そうってこと。

 

強みの参考例はこんな感じ

ブログ連続16日更新 ←15日連続更新の人よりも凄い

海外渡航歴19回 ←初めての海外旅行を検索してる人は魅力的

20代ころの自分に伝えたいアドバイス ←体験談をベースに他の人にも語れる

上記のとおり。

これをタイトルにするなら次のとおり。

「ブログ記事の書き方9選」ブログ連続16日更新した僕が教える

コスパのいい国ランキング【海外渡航歴19回の僕が解説する】

「転職するなら副業も視野に入れる」20代ころの自分に伝えたいアドバイス

特化ブログでもない限り、人生論や根性論を、ブログにぶち込むことで、感情論も書けるのでブログ記事ネタにも困らなくなります。

 

例えば、このサイト(トシブログ)でワードプレスの始め方やサーバーの解説方法も書いたり、副業でやってるメダカの繁殖&転売の記事書いています。

 

ブログは「自分の備忘録」って感じでいろいろな体験を書けばOKです。特化ブログサイトも運営していますが雑記ブログはネタの困ることはない感じ。

 

なので、ブログ書けないは「嘘」になりますね。毎日の生活の中にたくさんのブログネタが落ちているので、インストールしてみましょう。

経験談
【2020年】ブログ初心者でも絶対にわかるワードプレス立ち上げ方法を解説

続きを見る

経験談
メダカ繁殖→副業転売で儲かるのか?【証拠あり】1年で100万稼ぎました

続きを見る

ブログを書けない時には無理に書かない【ただし本を読む】

次に「本気でブログ書けなくなった」時の対処法は「書かなくていいんじゃない」ってこと。

 

なぜなら、無理やり書いても、誰からの共感も得ることができないから。

 

推測ですが、ブログを書いてて「ブログが書けなくて悩んでいる」ってことは、アフィリエイトをやっているはずです。ただのブログなら本当に書かなくていいと思います。

 

たしかに、アフィリ記事書いていると、息詰まる気持ちもわからなくないですが、書けないときは無理に書かなくてもいいんじゃないですか。って思うのが本音です。

 

それよりも、書かないで読書などで情報のインプットして「本タイトル+感想」などのブログ記事書くこともできますよ。

 

読書しながらノウハウインプットできて、なおかつ、ブログネタも生まれるなんて最高だと僕は思います。また、僕がおすすめするアフィ本は、アフィリエイト初心者が読むべき本は8冊【他のサイト見ても同じ】で解説しています。

アフィリエイト初心者が読むべき本は8冊【他のサイト見ても同じ】

続きを見る

ここまで見てもブログを書けないならジャンルを見直す

自分のウリも掘り出すこともできなく、本を読んでブログも更新しなかったのに、「全然書く気が起きない&書くことがない」って大問題に、ぶち当たる場合はブログジャンルを見直すことをおすすめします。

 

なぜなら、先に話した2つの対処法で改善できないなら、明らかにブログジャンルを間違えてるから。

 

例えば、ブログを始めた理由が「転職サイトが稼げると聞いたから転職経験がなくても書いてみよう」ではスタートが根本的に間違っています。

 

得意分野でもない経験もない分野の記事を100記事書いても誰も読んでくれません。それより、ブログは得意ジャンル&経験値ベースで書くことが一番信用を得る記事となることを覚えておきましょう。

 

ブログを毎日書くことで掴んだ【次の記事を書くコツ】

結論:次の悩みや改善に繋がる記事を書くこと。

 

なぜなら、書きやすく読まれやすい記事なるため、アクセスUPにも繋がります。

アクセスUP=収益が上がるの方程式です。

このあたりを理解すると1つのワードでも最低3記事書けるようになりますが、今回は海外で役に立つクレジットカードを例に書いてみます。

詳しい説明は次のとおり

キーワードの概念&売れやすさの比較

  • 商標キーワード ←ここからかなり売れます
  • 収益キーワード ←ここから少しだけ売れます
  • 集客キーワード ←ここからは、ほぼ売れません

キーワードの概念&タイトルキーワード

  • 商標キーワード ←クレジットカード口コミ・比較
  • 収益キーワード ←クレジットカード会社 おすすめ
  • 集客キーワード ←クレジットカード メリット

ブログを書く手順とタイトルの概念

  • 海外旅行にクレジットカードは必須であるべき理由【メリットだけを語る】
  • 海外旅行で実際に役立ったクレジットカード会社は○○【現金無くし焦った件】
  • 海外旅行で必要なクレジットガードは2つ【10社の中から比較してみる】

 

ここまで絞り込んでも、3つの記事を書くことができますよね。また、ここから派生させる記事を書けば最低でも50記事ほどは書けるようになります。

  • ポイントやマイルの詳細記事
  • 国際クレジットカード手数料の比較
  • 実際に使用したお店のレビュー

など、1つずつのカードに対しての詳細も書けますし、年会費などの1つのクレカだけに特化して記事にすれば、かなりのボリュームになるはずです。

 

ちなみに、このブログのキーワードは「ブログ 書くことがない」を検索してる読み手の書いた記事になり、対処法まで解説しました。

 

次に、書くとすれば「ブログ記事ネタに、おすすめの書籍7選」などになりますね。

 

次の1手を先読みする癖を身につけましょう【永遠にブログ書けます】

検索ユーザーの次の悩みや、疑問に解決できる記事を先読みする癖をつけること。なぜなら、記事ネタに困らなくなるから。

 

今まで、書いたブログを読み直すと「次に書きたい記事」が思い浮かぶはず。

 

「あ、私なら次、こんな記事あると助かるな」ってのを考えることが、ブログを継続するコツでもあり、収益に繋がるポイントになります。

 

参考になれば幸いです。

 

-Blog

© 2020 Toshiblog Powered by AFFINGER5