affiliate

アフィリエイトで稼げない人の共通点は5つ【理由と7つの改善手順】

アフィリエイトは稼げないって聞くけど、稼いでる人もいるので何か裏ワザがあるはずだ、、、アフィリで稼げる、本当の手順があれば教えて欲しいです。
稼げない理由や、ほかのサイトに書いてないアフィリで稼げる手順も公開します。

 

  • アフィリエイトで稼げない人の共通点は5つ
  • もう稼げないとは言わせない!【稼ぐための7つのステップ】

この記事を書いている僕はアフィリ歴7年で、アフィリエイトだけで生計を立てています。

 

今回、お伝えするのは「アフィリエイトで稼げない人の5つの理由」と「改善手順を7ステップ」を解説してみました。僕も4年近く稼げない時期があったのですが、稼いでるサイトを分析した結果、めちゃシンプルな法則がありました。

 

ただ、アフィリで稼げるよ系のサイトって本質と言うか、少しだけ稼げないように情報操作してるサイトが多いので、今回全てをさらけ出すことで稼げる手順やコツがわかるでしょう。

 

長々と書くと、疲れちゃうのでサクッと読めるように解説してゆきます。

 

アフィリエイトで稼げない人の共通点は5つ

稼げない人の共通点は5つです。

  1. 記事へのアクセス数が少ない
  2. 検索上位に表示されない
  3. 記事の書く順番を間違えている ←(重要)
  4. 稼げないカテゴリーを選んでいる
  5. 狙っているジャンルの記事数が少ない

上記のとおり
まぁ、だいたいどこでも見る内容かもしれませんが③はかなり本質を知ることができ、モチベーションの改善にも変わります。

それでは、サクッと解説しましょう。

記事へのアクセス数が少ない

理由は、集客記事を書いてないからです。アクセスを集めるならロングテールでライバルが少ないキーワードを使い、広く浅く集客する必要があります。

 

そのためには『初心者の方が、一歩踏み出せる記事』を書くことです。

 

例えば、英語学習をこれから始めたい人がいるなら『独学でできる英語学習の始め方』や『やり方』などと言ったワードで集客することで、アクセスが集まるようになります。

 

 アフィリエイトの基本原則
あなたが紹介する、サービスや商品を始めから購入する人など基本いません。理由は、メリットやデメリットを知ってから、比較し購入するから。なので、そこに行きつくまでの過程の記事を量産することが必要。

 

アフィリの基本原則は、米の栽培と同じです。収穫する前には、土壌調査、種まき、手入れの手順があるようにアフィリも同じ過程があると思いましょう。はじめから刈り取るのは無理です。

 

検索上位に表示されない

正直、はじめから検索上位に表示されません。なぜなら情報が少ないサイトや、間違った情報を紹介してるサイトをGoogleが上位表示するわけないから。

 

対策としてはSEOを意識した記事構成やライティングをすることです。狙っているキーワードがあるのに、記事タイトルや見出しや小見出し(h2,h3)に使ってないのであれば死活問題です。

 

ちなみに、この記事では『アフィリエイト 稼げない』がメインキーワードなので、

タイトルには:『アフィリエイトで稼げない人の共通点は5つ【理由と7つの改善手順】』

小見出し①は:『アフィリエイトで稼げない人の共通点は5つ』

小見出し②は:『もう稼げないとは言わせない!【稼ぐための7つのステップ】』

狙っているキーワードを網羅するように入れています。

また、サジェストも調べて小見出しや文中に含ませるようにすることでSEO対策をしてます。少しことで検索順位も変わるのでお試しあれ!

 

理由③:記事の書く順番を間違えている ←(重要)

ここメッチャ重要です!

重要なので、もう一度言います!

ここメッチャ重要です!なぜなら、記事を書く順番を間違っている人が多いから。

 

よくあるのが『集客記事たくさん書いてから、広告リンク貼りましょう!』とか『はじめは見られないから、記事だけ記事量産!』などトップアフィリエイター言ってますがあれ、半分正解で半分嘘です。

 

なぜかというと、稼いでる人って収益記事を始めに書いてることが多いです。

 

 アフィリサイトはゴールから書く
いいですか?稼ぎたいならゴール記事から記事は書くことです。理由はゴールからスタート地点に行くほうが、わかり易いからです。

 

収益記事を作ってから、集客記事を書くことで内部リンクを貼りやすくなります。それなのに逆から書き始めると、途中で迷子になるんですよ。

 

もっとわかりやすく言えば、カーナビに目的地入力して、中継地点を登録しておく感じです。ゴールが決まってるので、寄り道しても目的地に着くことができます。それなのに、寄り道(集客記事)ばかりしてるので、目的地が変わってしまうのです。

 

要するに、目的地ありきの寄り道なのです。アフィリエイト記事も収益ページを作ってから、枝となる集客記事を作ればオッケイです。

 

これは色々なサイトを分析ることでわかりますが、調べる必要なくすために紹介しました。

 

 収益ページから作るもう1つの理由
それは昨今、SNSからの集客も可能だからです。数年前まではSEOだけで検索順位を上げるのが王道でしたが、現在はTwitterなどは『ハッシュタグ』つければ共通の検索ユーザーが集まります。

 

その時に、ゴールサイト(例えば転職の比較サイト)などを誰よりもわかりやすく作ったのであれば、それだけ拡散させるだけでも収益ができますよね。

 

では、なぜみんなを教えないのでしょうか?答えは『稼がすよって言っても、ライバル増やしたくないから言わないだけ』ってこと。

 

稼げないカテゴリーを選んでいる

3つ目が、重要すぎたので、ここはサクッと。

稼げない理由その④:稼げないジャンルを選んでるからです。これは細分化すると2つの理由に分かれます。

  • 趣味ブログジャンルカテゴリーが稼げないため
  • 得意カテゴリーなのに競合多数なため

例えば、アフィリを始めるとき『自分の得意なジャンルから始めましょう』ってみんな書いてますが、得意なジャンルが競合が多いと、正直萎えます(;´・ω・)

 

強豪ジャンルと言えば『クレジットカード・ウォーターサーバー・恋愛』ジャンルなどですね。

 

この辺りは上位3位までに攻め込むことができれば、月8桁とか稼げるけど、競合多数+企業サイトが参入してるので消耗が半端ないです。ではどうするか?答えは『得意な分野を作る』こと。

 

 これから詳しくなりたいジャンル
もしも得意なジャンルが競合多数であれば、ニッチな戦略で攻めるのもアリだけど、得意な分野を作りましょう!

 

例えば、僕であれば海外も良くいくので英語学習の比較サイト作って、話せるまでの過程をサイトで作ろうか!ってなりますよね。

 

また、2016年あたりはプログラミング学習などが流行りだしたころだったので、そのころに仕込んだ人は、それなりに稼げたと思います。後は、仮想通過アフィリで儲けた、イケハヤさんなども時流にうまく乗った人です。

 

こんな感じで、時流に乗りながら得意分野も作るのもアリって事例です。

 

 得意なジャンルの稼ぎ方
めちゃシンプルですけど、ASPに複数登録してクリック率の高い広告を選ぶってことです。

 

なぜなら、胡散臭い広告貼り付けても誰も興味ないから。また胡散臭くなくても人には向き不向き、趣味趣向が違うので2つ異なる商品を比較することも大切です。

 

例えば『iPhoneとandroid』って感じで、僕はiPhone派だけど、何か変えるメリットがあるならandroidも気になるって感じ。要するにASPから商品を選定する時も、自分の好き嫌いだけではなく、人の為に比較してみようってこと。

 

その為にはASPも複数登録して似たような商品も吟味しようね!って話です。

 

狙っているジャンルの記事数が少ない

稼げない理由の5つめは、かなり鉄板の答えで記事数が少ないから。

 

どこのサイトでも書いてあるけど、実際に稼げない人は記事数が少ないです。Twitterなどで20記事で月100万稼ぎました!とかツイートしてる人いますが、特殊な人なので基本無視でOKです。

 

僕はコツコツ稼いできたので、記事数少なくても稼げるとは言い切れません(;´・ω・)

 

ちなみに1サイトで400本ほど記事書いて、月800万~1000万稼ぐ人たちなら、複数人は知っていますよ。

 

 質問:記事目安はどれくらい?
結論:書けるだけが正解です。

このあたりは、関連キーワード取得ツールに「狙いたい検索キーワード」を打ち込んで調べましょう('◇')ゞ

『稼げない』のキーワードで検索してみましたが、真ん中から左のキーワードで全て記事書くだけでも50記事は書けるはずですよ。

稼ぎたいのであれば、そのくらいの記事量は必須だと僕は思います。

 

もう稼げないとは言わせない【稼ぐための7つのステップ】

簡単に解説すると次のとおり

  1. ワードプレスでサイトを作成
  2. ASPに登録して広告を得た欄
  3. ジャンルを選定する
  4. 収益記事(ゴールから決める)
  5. 集客記事を量産
  6. SNSで拡散しながらSEOにも期待する
  7. 順位を確かめPDCAぶん回す

①:ワードプレスでサイトを作成

アフィリエイトで稼ぐならWordPressでサイト運営をしましょう。なぜなら、カスタマイズもできるし、他の無料ブログのように規約などもないからです。現在『はてなブログ』などで運営してるならワードプレスで始めましょう。

 

契約するエックスサーバーから1クリック立ち上げることができます。詳しくは【2020年】ブログ初心者でも絶対にわかるワードプレス立ち上げ方法にて解説してます。

 

②:ASPに登録して広告を閲覧

ASP各社を比較する必要はありません。なぜなら同商品などを扱うASPもありますが、異なるクローズド案件などもあります。

 

なので【初心者におすすめ】アフィリエイトASPは主に8社だけで十分稼げます!から8社全て登録してみましょう。

 

③:ジャンルを選定する

得意なジャンルが複数あるなら、今すぐに熱く語れるジャンルとこれから知りたいジャンルを選び、先ほどの登録したASPから商品を探しましょう。

 

雑記ブログを運営するなら3~4ジャンルに絞ることでサイトの方向性もブレないと思います。

 

④:収益記事(ゴールから決める)

ここ重要ですね。記事は収益記事から書いてゴールを設定しましょう。この時にライティング力によって売り上げも左右されるので、心理学の本を読んでみるのも1つの収益アップのコツになります。

 

この辺りは、アフィリエイト初心者が読むべき本は8冊【他のサイト見ても同じ】で解説してみました。クリックされるキーワード作成法などの書籍も紹介してるので参考なりますよ。

 

⑤:集客記事を量産

収益記事が複数個できれば『記事量産体制』に入ることです。またただ増やせばいいわけではなくSEO対策した記事を量産することです。アフィリエイト初心者が稼ぐ方法【SEOの本質を理解することで稼ぐコツがわかる】に詳しく記述してみました。

 

⑥:SNSで拡散しながらSEOにも期待する

収益記事と集客記事を1つずつでも投稿したらSNSで拡散してみましょう。

 

その時に、狙うキーワードや読んでもらいたい想定読者(ペルソナ)に対してハッシュタグをつけてみましょう。SEOは半年くらいすると結果として出るので、それまではソーシャルの力も借りることです。

 

⑦:順位を確かめPDCAぶん回す

1記事書いたら3か月ほど放置しましょう。

 

3か月後に検索順位などをチェックして20~30位あたりにいる記事はリライトすることです。要はPDCAぶん回せって!ってことで記事書いたら改善しようって話になります。

 

まとめ:アフィリエイトで稼げないは”嘘!”【稼ぐ人は行動してる】

まとめます。
結論:アフィリエイトで稼げないとか『嘘』です。

 

なぜなら、今日も稼いでる人はたくさんいるからで、今日は友人からも1日の売り上げ15万超えたと報告がありました。

 

稼いでる人は正しい手順でコツコツ書いてPDCAぶん回してますってこと。ちなみに10記事や20記事書いても稼げません。とりあえず100記事を一区切りにしてみましょう。

 

この理由は、ブログを継続するコツは5つ【継続できない理由も語る】にて解説してみました。今回は以上となります<(_ _)>

-affiliate

© 2020 Toshiblog Powered by AFFINGER5